貞徳舎株式会社 工業用電熱ヒータ及び耐火物の製造・販売

放射率特性の差について



  • 物質Aは物質Bに比べて赤外領域の放射率が大きい
  • 物質Aは物質Bに比べて赤外領域の反射率が小さい
  • 物質Aは物質Bに比べて赤外領域の吸収率が高い
  • 物質Aと物質Bが同じ温度の発熱体であれば、物質Aの方が対象物に多くの熱を与えられる(効率が良い、昇温速度が速い)
  • 物質Aと物質Bによる発熱体で加熱する場合、物質Aと同じ昇温速度を得るためには、物質Bの温度を上げる必要がある(酸化により発熱体寿命が短い、省エネでない)