貞徳舎株式会社 工業用電熱ヒータ及び耐火物の製造・販売

ベーシックタイプ(NEW-PISR型)

クリーンな環境に対応

  • 発熱面をフレーム全面に使用しているため、広い範囲をまんべんなくあたためます。
  • 発熱体にTC(温度センサー)を溶接することにより、発熱体の温度制御ができます。
  • 金属フレーム構造により、炉殻への取り付けが容易であり、施工時間の短縮につながります。

ベーシックタイプ(NEW-PISR型)

NEW-PISR型 コンパクトタイプ
  • 加熱ゾーンが細分化できるため、操作条件により温度設定が可能な高機能ヒータです。
  • セラミックファイバーを一部にしか使用していないので、クリーンな環境に使用できます。
  • 波長変換塗料を塗ることができるので、中、遠赤外線ヒータとしての応用も可能です。

性能表

コンパクトタイプ(NEW-PISR)
最高使用温度(炉内) 900℃
壁面ワット密度 ~10W/cm2
形状 角板形
製作可能寸法 100×100×t60mm

※お客様のご使用条件により異なります。

用途

金属熱処理 / ガラス熱処理 / 半導体製造装置 / 紛体熱処理 / 理化学機器製造装置

オプション

昇温速度が速く、断熱効果が上がり、省エネです。

反射板(プラチナリフレクター)
遠赤塗料

金属フレームヒータとセラミックファイバーヒータの違い

金属フレームヒータとセラミックファイバーヒータの違い

金属のフレームを使用することでセラミックファイバーヒータよりも昇降温の速度がはやくなります。

金属フレームヒータとセラミックファイバーヒータの違い