低・中温用プラチナリフレクターPAT

800℃雰囲気で使用可能な熱線反射板

白金反射板は耐熱合金上にプラチナ膜を付けたもので、800℃の雰囲気で使用可能です。 ヒーターからの熱線に指向性を持たせ、希望の温度分布を作り出すのに有効です。 また炉壁に使用することで、断熱材の使用を低減することが可能になります。 (写真はヒーター背面に反射板を組み込んだもの)

プラチナリフレクター

特 長

  1. 常用800℃の耐熱性

    プラチナと耐熱金属の中間層に反応を防止するための特殊材料を使用することにより、常用800℃の耐熱性が実現可能となりました。

  2. 低コストを実現

    プラチナ箔を使用することにより、蒸着やメッキ処理加工よりも安価となり、低コストを実現しました。

  3. 繊細な温度分布を実現

    指向性を持たせることが可能なため、狙い通りの温度分布を作り出すのに非常に有効です。

  4. 衝撃に強い構造

    耐熱金属上に反射膜があるため、従来の石英ガラス上の反射板に比べ衝撃にも強い構造となっています。

  5. 加工性の良さ

    加工性がよく、様々な形状にも簡単かつフレキシブルに対応が可能です。

  6. 省エネ化

    炉壁に使用することで断熱効率が上がり、断熱材を低減できるため炉のスリム化が可能となり、省エネ化が実現できます。

白金膜輻射特性

白金膜輻射特性

反射板ヒーターの指向性

反射板ヒーターの指向性

PAGE TOP