中・高温用TELF-PISR-HD型意匠登録済

TELF-PISR型ヒーターの進化型高出力タイプヒーターの登場

TELF-PISR型ヒーターの発熱体形状を見直し、同スペースに約1.5倍の出力を実現したヒーターです。 TELF-PISR型ヒーター同様、炉内壁全面ヒーターのコンセプトはそのままに、昇降温特性(応答性)を更に良くするために発熱体を断熱材から浮かせた構造を実現しました。

中・高温用TELF-PISR-HD型

特 長

  1. 高い発熱体占有率

    TELF-PISR型ヒーターのプレート発熱体を改善し、更なる輻射効率の向上を図ったことで、約1.5倍のヒーター容量を同スペースに確保することが可能です。

  2. 断熱材への蓄熱量を低減

    発熱体形状を台形型とすることで、断熱材から発熱体を浮かす構造を実現しました。これにより断熱材への蓄熱量を低減でき、応答性を向上させました。

  3. 優れた温度応答性

    表面積当りの電力負荷を大きくとることが出来るため、小スペースでの大出力が可能です。

  4. 優れた温度応答性

    生産炉で、800℃~1250℃の連続運転に最適です。また、炉の温度追従性が良く、高温時での昇温・降温スピード特性が更に向上しました。

構 造

構造図

  • 使用温度:800℃~1250℃
  • 壁面負荷温度:MAX 6W/cm2
  • サイズ:Ø250mm~(円筒形)
        □200mm~(角板形)

PAGE TOP