低・中・高温用万能型TELF-SSS型

理想的な電気炉加熱ヒーターユニット

TELFーSSS型ヒーターは、貞徳舎が開発した特殊セラミックファイバー<テイライトファイバー>に金属発熱体を埋め込み、発熱体の性能を十二分に発揮するよう考案された、軽くて丈夫で長寿命を誇るヒーターです。
コイル状の発熱体を理想的な状態で保持する構造で、ヒートショックに強く、1200℃の連続運転にも耐えうる万能型ヒーターとして、ご好評をいただいています。

低・中・高温用万能型TELF-SSS型

特 長

  1. 当社オリジナルの断熱材

    独自に開発したテイライトファイバーは、金属発熱体を支持する理想的な耐火断熱材です。高温での絶縁性に優れ、軽量・高強度でヒートショックにも強い構造です。

  2. 発熱体の長寿命化

    Fe-Cr-Al系発熱体の高温酸化を抑制する特殊添加剤を加えたテイライトファイバーは、より高温での使用を可能にすると同時に、発熱体の長寿命化を実現します。

  3. 断熱性能に優れている

    テイライトファイバーは、中・高温時における断熱性能に、特に優れています。

  4. 焼成済品

    SSSヒーターは製造過程において、焼成(1000℃~1200℃)を行うことにより、発熱体表面に酸化皮膜が形成され、よって仮焼成が不要になります。

  5. 環境配慮・エコ商品

    焼成することにより、ガス・煙等の発生がなく通常の使用において、ヒーター本体の収縮・変形が起こりません。

  6. ご要望により、ヒーターケースも製作できます。

構 造

構造図

従来のセラミックファイバー成形品よりも強度の高いテイライトファイバー(自社開発断熱材)を用い、スパイラル加工されたNi-Cr線、又はFe-Cr-Al系等の丸線発熱体を、断熱材によりターン毎にはさみ込み、ズレないように保持する構造です。一体成形でありながら、発熱体ターン内部は中空状態になっており、高温での使用を可能にします。

PAGE TOP